« 3年生になりました | トップページ | 夏の思い出 »

2011年6月29日 (水)

定期検査入院

6月24日、年に一度のカテーテル検査が行われました。
当初は6月17日に予定されていましたが、とても楽しみにしていた学校行事の日と重なってしまったため、日程を変更して頂きました。

前日入院をして、検査当日は全身麻酔のため朝ご飯抜きですが、今年は緊急カテーテル検査がこの日の1例目に入ったため、さくらは2例目、お昼前からの検査となりました。11時少し前にまもなく検査開始、と知らせが入るまで、空腹で待つ時間がちょっと長くなりました。

検査室に入ってから3時間あまりの検査、その間病室でさくらの帰りを待っているのですが、例年より少し長くかかったようです。少し心配になった頃、検査が終了してこれから戻ってくるとの知らせ。
結果、心機能も冠動脈も問題なく、あとは心筋生検の結果を待ちながら、合併症などないか一日経過を観察します。

今年も昨年同様、検査室から病棟に戻ってくるとさくらはすぐ気分が悪くなり、吐いてしまいました。
その後は夕方まで眠ったまま。カテーテルの後は一晩モニターや尿管がついており、じっと同じ体制で横になっていなくてはなりません。起きているとかなり苦痛のようなので、少しでも眠っていてくれると本人も楽なのではないかと思います。

検査の翌日は、お友達になった同室の女の子二人と早速一緒に遊んでいました。
さくらは検査のため4日間だけの入院ですが、同室の女の子たちはもう何ヶ月も入院が続いています。短い間だけですが一緒に遊び、病院の事や自分の病気の事などいろんな事を話してくれるお友達とのお別れは、後ろ髪を引かれるものです。

「またお友達が増えたよ!」とうれしそうなさくらですが、こうしてつらい検査や治療をがんばって闘病するお友達から直接聞いた話はしっかり心に刻まれていることでしょう。

退院した翌日、心筋生検の結果が届きました。grade0、拒絶無しとのことでした。
ここのところは元気でしたが、さくらは春先から体調を崩し、体重も減っていたのでやはり心配していました。今年も問題無しで何よりでした。

病院の中にいても感じられる夏の到来。
今年の夏も楽しい思い出がいっぱいできるように、体調に気をつけて過ごして参りたいと思います。

« 3年生になりました | トップページ | 夏の思い出 »